お気軽お問合せ番号076 - 237 - 8181

【クスノキ】紙を中心とした個包装包材の販売サイト

【クスノキ】トップページ
トップ 会社案内 決済関連 お問合せ

直前のページへ
【クスノキ】注目商品
【クスノキ】お問合せ

【紙】
 耐水紙          .
 純白ロール紙       .
 グラシン紙        .
 アートドリープ      .
 セロハン         .
 色薄葉紙         .
 薄葉パラフィン紙     .
 薄葉PEラミネート紙   .
 シリコンペーパー     .
 ワックスペーパー     .
 ボーガスペーパー     .
 耐油耐水紙        .
 耐水和紙         .
 模様和紙         .
 ラミネート紙       .
 食品用台紙        .
 防錆紙          .
 お菓子の色        .
 ICHIMATSU    .
 あぶらとり紙       .
 吸水紙・食材紙      .
 その他          .
 
【不織布】
 吸水不織布シート     .
 不織布ロール       .
 不織布ダシ袋       .
 ティアバッグ       .
 
【化成品】
 ロールパーチ       .
 角底二重袋        .
 ポリダクト        .
 OPPフィルム       .
 エンボスフィルム     .
 ポリシート        .
 食品用ウレタン      .
 
【紙製品】
 無地平袋         .
 防水ラミネート封筒    .
 亀底ロー引袋       .
 宅配袋          .
 グリップ角底袋      .
 ボトルバッグ       .
 防錆乾燥剤        .
 メモルダー        .
 雑貨           .
 

【クスノキ】リピート注文

創業明治15年 株式会社 コシハラ

営業担当の個人的な余談

 Webサイトを通じてお取引頂いた方々に
 不定期で商品紹介と余談(独り言)をお届けしています。
 お読み頂く価値(内容)はありませんが、
 自戒と記録を兼ねて掲載することにしました。
Webサイト運営&営業担当


2020.08.07

 Webサイトを通じて多くのお取引先様と巡り合ってきましたが、
 初回接触(メール、FAX、電話)の際は今でも多少緊張します。
 お問い合せの主旨や、本当のご要望を引き出せるのかといった
 ことが緊張の要因かもしれません。何年経っても"聞き上手"に
 なれずにいますが、結論への道筋を早く付けようとする悪癖が
 原因のような気がします。"察する、思いやる"という基本的な
 気持ちがなければ決して"聞き上手"にはなれませんよね。
 黙って聞ける人が理想です。皆様はどんな聞き上手ですか?

PageTop
2020.07.22

 起業する際の楽しみのひとつにロゴの作成があります。
 ロゴには事業の方針や思いが詰まっているように感じるので、
 お問い合せ頂くとWebサイトで必ず見るようにしています。
 紙やフィルムにロゴ入りの印刷を承り、ご了解頂けた場合は
 Webサイトに仕上り画像を掲載しますが、ロゴ入りの画像が
 増えるたびに、積み重ねられることの尊さを感じています。
 Webサイトのロゴとして使用している「紙」という書き文字に
 形の美しさと、仕事をする上での"信条"を私は感じています。
 起業あるいは就業の際の思いは日を追うごとに薄れますが、
 ロゴが再認識させてくれる"何か"があるかもしれません。
 皆様のロゴにはどのような真意や理想が込められていますか?

PageTop
2020.07.14

 世の中にはさまざまな素材が存在していますが、その全てを
 知る人は皆無でしょう。その点、紙に触れたことの無い人は
 ほぼいないでしょうから、人が作り出した中では極めて身近な
 存在と言えます。昭和の時代から紙は様々な素材に代替されて
 きましたが、今後はこれまでとは全く違う要因で使用が減ると
 考えられています。紙の良さや価値は需要で決まるわけでは
 ありませんが、製造されている様々な紙の用途を更に高度に
 模索しなければ、流通者として存在意義を失うと感じます。
 こんな流通の端くれの私ですが、合致する素材選定の末に
 ご成約頂くと、"じんわり" 醍醐味が心に蓄積されます。
 皆様はどんな時に仕事の醍醐味を感じていらっしゃいますか?

PageTop
2020.07.02

 先日、宮部みゆきさんの「きたきた捕物帖」を買いました。
 江戸深川を舞台にした文庫屋(ぶんこや)で振り売りをする
 十六歳の少年が主人公の物語です。紙屋らしく厚紙で作られた
 文庫に惹かれたから、ではなく「謎解き」と「人情」に惹かれ、
 私としては珍しくその日の内に一気読みしてしまいました。
 主人公はひ弱で人生経験も浅く、全くと言っていいほど
 立場の弱い人間ですが、尊敬していた親方の"言葉"を胸に
 人の心の奥底にある真実に迫りつつ成長していきます。
 私ももっと察する心を磨かなければ、と読み終えましたが
 皆さんは自分の何を磨きますか? まずは手洗いですかね。

PageTop
2020.05.21

 "仕事の流儀"という大げさな大義はなくとも、誰もが"一線"は
 持ち合わせているように思います。"こだわり"とも表現する
 自分の納得を前提にしたものではなく、人の役に立つための
 流儀や一線を持った人の言動には揺るぎない重みを感じます。
 Webサイトを通じて巡り合えた方の中にも、そのような一線を
 持った方がたくさんいらっしゃいました。独特な感性の方の
 発想に触れたり、未知だった業界の方の事情や思考など、
 全てが刺激であり私の掛け替えのない財産になっています。
 皆様はどんな"一線"を秘めながら仕事をされていますか?
 私の仕事の流儀、一線は…… 今はまだ差し控えます。

PageTop
2020.05.13

 5Gや6Gといった通信インフラが当たり前になるのは先の事と
 感じていましたが、新型コロナウイルスの影響で早く訪れる
 予想に変わりつつあります。通信インフラの劇的な変化と
 災害回避意識により、今後本格的に社会構造が変わり、
 感染収束までの"非日常"が"通常"になる場面もありそうです。
 この大きな変化の波から逃れる術はなのかもしれませんが、
 私は模索しながら皆様と出会えた事実を原動力に、必要と
 されるための模索継続が唯一の"対策"だと理解しています。
 皆様と共に継続と繁栄復活を心静かに祈り待つのみです。

PageTop
2020.05.07

 日経新聞社が革新的なアイディアを募り未来面に掲載する
 「やり方を変えましょう」という企画を連載し始めています。
 5月1日に掲載された第1回の課題は、
 「新型コロナが私たちに突きつけているものとは?」です。
 ウイルス拡散の要因と言われているグローバル化は
 価値観の違いをこれまで以上に鮮明にしたように思いますが、
 課題の"やり方・変え方"にも鮮明な違いが出るように思います。
 私は個人的に"違いを戦わせるグローバル化"ではなく、
 "折り合いを付けるグローバル化"でしか未来が見えないので、
 この連載を興味と期待を持って注視しようと思っています。
 この数か月、感染防止のための商品や自主規制に伴う商品が
 たくさん流通していますが、本当に必要な商品なのかを
 考え始めている人が増えているように感じています。
 社会構造や働き方の変革は収束後も続くでしょうが、
 皆さんは何をどのように変えようとお考えでしょうか。
 令和二年は歴史的な転換点を刻むことになるのかもしれません。

PageTop
2020.04.21

 自粛要請により心地よい安らぎの空間のはずなの自宅が
 "閉鎖空間"に感じている人が多いようです。友達に会えない
 子供たちには"発散"のための工夫が本当に必要だと思います。
 VOD(ビデオオンデマンド)・パン作り・プランター栽培など、
 自宅活動が多い私は自宅自粛を好機と捉えるようにしています。
 こま切れになりがちな読書も"ゆったりとした時間"の中なら
 行間が読めるかもしれません。本当に面白いと思うことで
 多くの人の自宅自粛が豊かになればと思うこの頃です。

PageTop
2020.04.13

 2020年4月13日現在、新型コロナウイルスの
 明確な収束時期は予想されていません。
 事業継続困難な企業が増える一方で、
 難局を乗り越えるための小規模企業の工夫を拝見すると、
 不安や憶測に惑わされること無く、
 目の前の仕事に集中する気持ちに立ち返れます。
 一人で悩む先の"万事休す"ではなく、
 "何とか乗り越えられる"ための助言を協力者に求めましょう。
 楽観は時として悪ですが、時として救いになる気がします。
 人類の"類"は「似たものの集まり」を意味するのですから、
 "困ったときはお互い様"の感覚が「拡散」されることを
 切に願っています。

PageTop
2020.03.10

 3月5日付の紙の業界紙のトップ見出しは
 「551店減でピーク6割減の1万1475店」、
 書き出しは"町の本屋さんがどんどん消えていく…"
 というものでした。本屋さんに行って見つからないと
 ネット経由で買うことは私にもありましたが、
 ポイント付与や決済の利便性、短納期が理由では
 なかったので、今後も本屋さんに行くつもりです。
 お得に購入したいのは人の本質だと思いますが、
 作り手・売り手・買い手の関係性や重要性は
 社会の発展に比例して希薄になっている気がします。
 消える本屋さんが必然ならば残る本屋さんも必然なので、
 残る本屋さんは"不変の価値"を提供しているのでしょう。
 自分の立ち位置を正しく理解し不変の価値を見出したい、
 記事を読みながら静かに思いました。

PageTop
2020.03.06

 感染症は病原性の微生物が引き起こす有害な事象ですが、
 有益な"発酵"も微生物の働きです。生き物(人間)の都合で
 有害や有益にしているだけ、と言えるかもしれません。
 人知の及ばない自然法則の力を改めて感じています。
 ウィルス感染の影響による経済悪化は深刻化していますが、
 一日も早い感染収束を願うのはもちろんのこと、収束後の
 素早い経済好転も切望されます。私はお取引先様の経済に
 有益なご提案(情報)を微力ながら日々模索するのみです。
 皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

PageTop
2020.02.29

 商品価格改定の一要因として人件費が謳われます。
 確かにパート・アルバイトの求人で目にする時給は
 上がっていますが、正社員の給与は見えないため
 実態はわかりません。私が仕事で関わる小規模の
 加工屋さんでは工賃が据え置かれたままのことが多く、
 人件費をアップしている会社は少ないと思われます。
 いつの世も弱い立場にしわ寄せがくるのですが、
 勝ち負けばかりの先に幸せはあるのでしょうか。
 共生の意識の先にだけ良い道があるように思うのですが。

PageTop
2020.01.08

 昨年もたくさんのお問い合わせやご注文を頂き、
 慌しくも充実した一年だったように思います。
 お客様の業種は多種多様で何年経っても勉強ですが、
 この多種多様さこそが私には刺激であり醍醐味です。
 良いことばかりではありませんが、新元号に込められた
 「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」
 のように穏やかな一年になることを心から願います。
 皆様の願い事が成就しますようお祈りいたします。

PageTop
2019.12.17

 今年も人々の生活に直接影響する出来事がたくさんありました。
 どうすることもできない状況や変革は受け入れるしか無く、
 辛く悲しい思いをした方がたくさんいらっしゃったと思います。
 令和元年の残り二週間が皆様にとって良い締めくくりとなり、
 希望のある新年を迎えられるようお祈りいたします。 
 本年も微力な一営業ではありましたが、たくさんの方々から
 ご愛顧を賜りました。ただただ感謝しお礼を申し上げます。

PageTop
2019.11.20

 日本経済新聞社の冠スポンサー番組「カンブリア宮殿」という
 テレビ番組をよく観ます。登場する企業も必ず一度は窮地に
 追い込まれています。どんな窮地をどのように脱して現在に
 至ったのかが肝であり見所です。進行役(村上龍さん)の疑問や
 視点も見所ですが、私はこの番組を通じて"気づき"や"行動"の
 「質」こそが、人となりを端的に表すと再認識しています。
 以前、覚えのある名前の企業が出たので調べると、応対した
 記録が出てきたことがありました。世の中は案外狭いですね。
 ところで皆さんはどんなテレビ番組に影響を受けていますか?
 もうYouTubeの時代でしょ!! って? そうですよね・・・。

PageTop
2019.11.13

 新素材や新技術、新発想には常識を変える力があります。
 開発スピードも飛躍しているので、SF映画のような世界が
 現実になりつつあります。世界的な変革が訪れるたびに
 人の生き方の常識も変わっていくのかもしれませんが、
 どんな変革にも慌てず舵を切れる人間になりたいものです。
 皆さんは最近大きな変革を感じた事はありますか?

PageTop
2019.11.05

 ノート、ティッシュ、ふすま、ダンボール、契約書、切手、
 カレンダー、手紙などなど。人は紙製品と共に生きていると
 言っても間違いではないでしょう。紙が化成品やデジタルに
 切り替わったのは、ある意味進化なので"悪"ではありません。
 ただ、一時的にせよ衰退すると作り手が存在しなくなるのは
 確かですから、"良い"紙製品については紹介したくなります。
 人は本能的に紙でなければならないものを感じるはずなので、
 こわだかに紙の"効能"を発信する気はありませんが、地球の
 環境同様に戻らなくなることがあることを認識すべきですね。

PageTop
2019.10.18

 王子製紙の子会社に王子マテリアという会社があり、北海道の
 名寄市に工場があります。その工場が2021年末に閉鎖すると
 今月はじめに報道されました。減産や生産集約が目的の閉鎖は
 珍しくなくなっていますが、人口2.7万人の名寄市への影響は
 決して小さくないはずで、需要減少が地域経済をも変えて
 しまいそうな出来事です。名寄市の基幹産業は農業で餅米の
 生産が日本一、2月の平均気温が-16℃、厳寒期には-30℃以下に
 なる地域とのこと。縁の無い名寄市ではありますが、新たな
 産業が生まれ経済が維持されることを祈るばかりです。難局は
 新たな発想のエネルギーにしなければと改めて思いました。

PageTop
2019.10.03

 "褒められて伸びるタイプ"なんて言い方がありますが、
 誰に褒められるのか、どこを褒められるのかによって、
 受け止め方やその後の行動に差が出るように思います。
 何より褒める人の評価基準があらわになる事なので、
 褒めどころや褒めるタイミングを心得ている人は、
 "褒めて自分を成長させるタイプ"なのかもしれません。
 仕事だけでなく家庭でも褒め上手になりたいですね。

PageTop
2019.09.06

 本日の金沢は最高気温34℃予報で日差しも強いですが、
 雲に夏の様子は無く、朝夕の風には冷たさも感じます。
 令和初めての年末まで4ヶ月を切りましたが、
 新元号らしい年の瀬になって欲しいと、
 カレンダーのご案内を作りながら思いました。

PageTop
2019.08.23

 仕事の大儀は人それぞれかもしれませんが、私は使い手の喜びを
 作り手に伝えた時、存在意義として感じているように思います。
 きれいごとのようですが、年齢や経験を重ね自分なりの本質に
 近づいている気がするからかもしれません。とはいえ営利もまた
 企業本質ですから、"適正条件"を日々模索している現状です。
 ちなみに"顧客満足度"って、どんな消費者にどんなアンケートを
 しているのでしょう。どのような内容であれ、その指標を自社や
 商品の「売り」にしていることに違和感を感じます。人知れず
 世の中のためになっている、アンケートとは無縁の人達の仕事を
 私は信用し評価したいです。皆さんの仕事の大儀って何ですか?

PageTop
2019.08.21

 紙の業界は脱プラスチックの動きを好機と捉えています。しかし
 強度、機能、生産能力、価格に優れたプラスチックを完全代替する
 ことはできませんから、"減プラ"で模索が続くものと思われます。
 包装用プラチックは減らす目的のトップバッターになっています。
 関連業界への影響は大波小波と様々なようですが、脱プラのための
 技術革新や新たな流通が経済全体を活性化するのは事実ですから、
 脱プラが一過性と考える人は少ないかもしれません。皆様の考察の
 一助になるような情報発信など、とてもできそうにありませんが、
 流通の端くれが見聞きする"事実"はお伝えしたいと思っています。

PageTop
2019.03.19

 お店の人が新聞紙で野菜や魚を包んだり、梱包の際に新聞紙を
 詰め紙にしたりと、新聞紙には第二の人生がいろいろありました。
 現代は"新聞紙で食品を包むなんてもっての外"になっています。
 情報媒体としての紙の意義や、紙の包装に対する常識や感覚は、
 昭和から平成で大きく変わりました。許容範囲もあらゆる場面で
 厳しくなったように感じます。新元号の時代は更に大きな変化や
 進化をみることになるのかもしれませんが、常識や許容の質が
 人の暮らしの障壁にならないことを個人的には願っています。
 時代が変わっても本質を見誤らないようにしたいと、平成という
 時代の終わりに思っています。皆さんは次の時代に何をしますか?

PageTop
2019.03.08

 お取引頂いているお客様の業種は様々ですが、主業とは全く違う
 商品開発や販売をされていらっしゃるのをたまに見かけます。
 新たな可能性を見い出そう、主業の技術を活かして、といった
 ご姿勢を感じます。リスクを負っても踏み出す"熱意"があるのか、
 ベタですが個人も企業もこれに尽きるのかもしれませんね。
 私自身は熱意を持って役立つ商材を模索しているつもりですが、
 誰の為にもならないこの余談は人間性露出リスクかもしれません。
 コレをお読み頂いている方に一言申し上げます。
 "貴重なお時間を奪っているとしたら・・・ ごめんなさい!!"

PageTop
2019.02.22

 新規にお問合せ頂くと法人様の場合は可能な限りWebサイトを
 拝見するようにしています。お問い合わせ内容だけでは見えない
 ヒントのようなものを探すためです。Webサイトにお顔などが
 掲載されていると勝手に親近感を憶えてしまうのは人間の特性
 かもしれません。私も商品紹介のWebページを日々更新しますが、
 差別報道を見るたびに、発信者の意図とは違う捉え方をされて
 しまう"危うさ"を感じます。たかが画像、たかが一文と軽く
 考えないよう努めてはいますが難しい課題です。ちなみに私が
 撮影するWebサイト用画像の元データは未だに120万画素です。
 4K・8K対応が当たり前になり、何でも綺麗に細部まで、という
 世の中になるのでしょうが、"見え過ぎないほうがいいことも
 きっとあるはず"と個人的には思います。そうじゃありません?

PageTop
2019.01.30

 トイレットペーパーにシングルとダブルがあるのは何故か?
 というテレビ番組がありました。解説したのは製造メーカーの
 社長さんでしたが、歴史的背景も踏まえわかり易い内容でした。
 巻き時間や乾燥時間、紙厚などの事情でダブルよりもシングルが
 実はコスト高という事実も話されていました。シングル60mと
 ダブル30mの販売価格が同じことについては、"分りません"と
 そうせざるを得なかった業界の苦悩を苦笑いで語っていました。
 業界紙には、"業界の実態を知ってもらう良い機会になった"と
 後日談が掲載されていましたが、同じ様な苦悩や努力によって
 生み出された多くの商品やサービスに消費者は浸っています。
 一消費者として享受を当たり前に感じないことこそが、人生を
 豊かにする秘訣ではないかと改めて考えさせられました。
 皆さんはどんな奥深い世界で日々頑張っていらっしゃいますか?

PageTop
2019.01.10

 あけましておめでとうございます
 本年も宜しくお願い申し上げます

 私事であれ仕事であれ"本当に実現させたい事"が明確に意識
 できている人には秘めた強い思いがあるように感じます。
 年頭に今年の決意や抱負を聞かれることも少なくなりましたが、
 実現のため一日数分でも時間を割き続けなければと思っています。
 初詣のおみくじの"戒め"を受け入れつつ人様には緩〜く寛容に、
 自分には少し多めに負荷をかけ良い年にしたいと考えています。
 皆様の実現させたい事が成就しますようお祈りいたします。

PageTop
2018.11.26

 3ヶ月前、酷暑だった事を皆様の体はどのくらい憶えていますか?
 あの「熱」を人類はどうしてもっと蓄え活用できないのでしょう。
 信じられないほど頭の良い人はたくさん存在するというのに。
 出来る人〜!! どうか実力の出し惜しみはお止めくださ〜い!!
 地球環境を守ろうとする動きにも、経済優先自国優先の動きにも、
 それ相当の根拠はあるのでしょうが、地球という有限な環境に
 生きる一つの種として"共生"の大切さだけは忘れないで欲しい
 と願っています。それにしても人類はいつか本当に他の星へ
 移住するのでしょうか。私はSF映画の中だけで十分ですが。

PageTop
2018.11.16

 仕入先の営業さんとお話しする中で共通認識となっているのが
 下請け加工屋さんの減少です。もちろん今に始まったことでは
 ありませんが、ここ数年特に顕著になってきた感があります。
 確かな技術と柔軟対応で経済活動を支えてきた零細企業さんは
 経営者の高齢や跡継ぎ不在で廃業を余儀なくされています。
 加工賃の安さでやりがいや魅力のない仕事になっていることが
 跡継ぎ不在の根源だとすれば、"役立つ仕事が守られる仕組み"
 が欲しいところです。「中小企業経営者は2025年に約245万人が
 引退時期を迎え、127万社が後継者未定の状態」という記事を
 見ました。話半分に捉えたとしても関わる人の数を想像すると
 恐ろしいものがあります。経済環境の変化に対応できないと
 "ボーっと生きてんじゃねえよ!!"と5歳児に叱られるので、
 知恵と工夫と協力で乗り切りたいですね。

PageTop
2018.10.16

 日本各地で発生した災害により、私が担当するお客様や先様も
 被災されています。一日も早く"通常"に戻られることを心より
 祈るしかありません。大きな災害のたびに、東日本大震災で
 奇跡的に助かりご連絡頂いたお客様の事を思い出します。
 "何もかも全て流されたが社員は全員助かった"と電話のお声を
 聞いた時には体が震えました。壊滅的な状況の中、遠方の
 仕入先にまで安否連絡を頂き、私は何も言えませんでした。
 自然災害は人の命を不公平に扱いますが、尊敬に値する人とは
 このような人なのだと心に刻んだものです。いつの日か必ず
 探してお会いしたい、あの時のお礼をしたいと思っています。

PageTop
2018.10.02

 プラスチックストローは使わない、と有名企業が発表したり、
 プラスチック製品排除目的の議論や規制が欧州で見られます。
 プラスチック製品をなくせば根本解決されるのか不明ですが、
 リサイクル促進や不法廃棄対策の強化を優先しながら、
 最善の方法を模索して欲しいと願っています。
 環境配慮アピールは企業価値向上のスタンダードでしょうが、
 有名企業が大きなコストをかけて行なうと大きな波になります。
 "変化の波"が関連企業や関連業界の悪影響になるとすれば、
 環境配慮企業のお面を被った"自己中"にも思えます。
 対象が何であれ"変化"への対応力や予見能力が、
 企業はもちろん個人にも必要なのでしょうね。

PageTop
2018.09.22

 メールやFAXで新規のお問い合わせをたくさん頂くのですが、
 ご名称や案件内容が類似していることは珍しくありません。
 お問合せ内容に特徴があると記憶に残り易いのですが、
 一般的な内容では記憶にも限界があります。
 自分専用のデータベースで可能な限り記録するのですが、
 数ヵ月後のご連絡では記録を見ながら頭をフル回転させ
 記憶の森を駆け巡っています。もともと記憶力は弱いですが、
 年齢が増すごとに更に衰えている気がします。
 しかし必至に思い出そうとしている事自体は
 脳の老化防止に役立っているのかもしれません。
 だとするならばリタイヤ後には急に脳が老化してしまう!?
 いやいや、今はまだ考えないでおくことにします。

PageTop
2018.08.22

 生まれたときからデジタル情報に触れている世代を
 "デジタルネイティブ"と呼んでいますが、
 デジタル技術の発展と共に世代の呼び名も次々生まれます。
 個人的にはそんな「くくり」に意味を感じませんが、
 デジタル技術が人の価値観をも変えているのは事実です。
 幼少期からスマートフォンに慣れ親しんでいる世代を
 "Zジェネレーション"と呼ぶそうですが、それら10代の
 起業家の起業動機に価値観の違いを感じます。
 例えばスマホアプリの開発では"困っている人のため"、
 "社会貢献につながること"などが動機になっていると知り、
 既成概念に囚われない心が革新の第一歩なのだと改めて思います。
 Windowsも存在しなかった頃を知る者としては、
 スマホを使えなければ何も出来ない時代にだけは
 ならないで欲しいと思うこの頃です。

PageTop
2018.07.11

 熱中症情報が当たり前に流れる時代になりました。
 「危険」なんて予報を見ると命の心配をするレベルです。
 エアコンが無い暮らしにはとても戻れそうもありませんが、
 熱を発生する人工機器が無く、コンクリやアスファルトも
 無い場所なら、夜は涼しい風が吹いているはずです。
 私が幼かった頃の町や田舎はそんな感じでした。
 便利さ快適さの裏で蓄積されるコントロール不能な不都合は、
 人類という範囲でなければならないでしょうから、
 個人としては「元に戻らない仕組みや物をなるべく使わない」
 そんなことを猛暑・酷暑の中で思う今日この頃です。

PageTop
2018.06.25

 とても小さな隔たりや違いのことを「紙一重」と表現します。
 極めてわずかな差を紙一枚に例えた日本人ならではの感性
 だと思います。アナログな紙がデジタルに活躍の場を奪われ
 続けていると言われていますが、こわ高に言わずとも人間の
 本質が紙の良さを分っていると私は感じています。
 今回ご紹介しているグラシン紙も薄く繊細な紙です。
 商品の「差別化」というよりも「個性」の表現手段として
 選ばれたと思えます。正直、印刷代は安くありませんが、
 「紙一重」の世界観は実例からも確かに感じます。
 あれっ、結局最後は営業トーク!?

PageTop
2018.01.17

 阿川佐和子さんの「聞く力」という本を読みました。
 聞き手の心の持ちようがいかに大切か、という内容でした。
 サブタイトルは「心をひらく35のヒント」でしたが、
 話す人さえも忘れていたような思い出が蘇ったり、
 心の整理のお手伝いができた時が醍醐味だと述べられています。
 下準備の大切さやテクニックは当然だと思いますが、
 話し手に対する“敬意”や“好奇心”が聞く力の基本だと、
 この本を通じて再認識しました。
 お問い合わせに十分応えられない事は少なくありませんが、
 末永くお付き合いして頂くためにも、
 聞く力を常に意識しなければと自戒しています。
 お知り合いに聞き上手な方はいらっしゃいますか?
 「話したくなる人」=「聞く力のある人」かもしれませんね。

Copyright since 2011 KOSHIHARA Co., Ltd TEL 076-237-8181 / FAX 076-238-4194
カウンター カウンター